院長の執筆・講演活動

当院院長の著書や論文・主催しているセミナーなどをご紹介いたします。

院長の著書・論文

矯正用固定式保定装置が歯周組織に及ぼす影響について
著者 加治彰彦 [著] 博士論文.
授与大学名, 日本歯科大学. 授与年月日, 平成22年9月7日.
報告番号, 甲第978号. 学位, 博士 (歯学).
(Kaji A, Sekino S, Ito H, Numabe Y. Influence of a mandibular fixed orthodontic retainer on periodontal health. Aust Orthod J. 2013 May;29(1):76-85.)

Cephalometric norms of different racial groups –a literature review, Thesis (Master of Science) Department of Orthodontics, Faculty of Odontology, Göteborg University, Sweden 2004

矯正用固定式保定装置が歯周組織に及ぼす影響について
著者 加治彰彦 [著] 博士論文.
授与大学名, 日本歯科大学. 授与年月日, 平成22年9月7日.
報告番号, 甲第978号. 学位, 博士 (歯学).
(Kaji A, Sekino S, Ito H, Numabe Y. Influence of a mandibular fixed orthodontic retainer on periodontal health. Aust Orthod J. 2013 May;29(1):76-85.)

Cephalometric norms of different racial groups –a literature review, Thesis (Master of Science) Department of Orthodontics, Faculty of Odontology, Göteborg University, Sweden 2004

加治彰彦 書評 別冊 the Quintessence
「臨床家のための矯正YEARBOOK 2018 成人の開咬を考える」、144 項
ザ・クインテッセンス、
クインテッセンス出版、東京、 2019 vol.38 no.1 January

加治彰彦 私の道具箱 コンバーチブルキャップリムービングプライヤー、 136 項
ザ・クインテッセンス、
クインテッセンス出版、東京、 2018 vol.37 no.11 November

加治彰彦 第三大臼歯を科学する、64-76頁、
ザ・クインテッセンス、
クインテッセンス出版、東京、2018 vol.37 no.6 June

米田はる、加治彰彦 10のシチュエーションで学ぶ未就学児・小学生の歯並び
相談ここがポイント、15-28貢、歯科衛生士、
クインテッセンス出版、東京、2015 vol.39 no.12 December

加治彰彦 矯正治療の恩恵とは何か?、53-54貢、ザ・クインテッセンス、
クインテッセンス出版、東京、2015 vol.34 no.10 October

加治 初彦、加治 彰彦 矯正専門医とのインターディシプリナリーアプローチ
  矯正治療を併用した症例 180-186頁、インプラント治療の根拠とその実践、
米国歯科大学院同窓会編、クインテッセンス出版、東京、2014年

成人矯正の落とし穴 その歯の移動は安全か? ―歯周矯正の立場から―
加治彰彦・関野愉 ザ・クインテッセンス/2013年3月号

加治彰彦 イェテボリ大学卒後研修プログラムを体験して、35-42貢、
矯正臨床ジャーナル、第28巻 第1号、東京臨床出版、東京、2012年1月1日発行

佐藤宏和, 関野 愉, 加治彰彦, 沼部幸博: 少数残存歯を有する広汎型重度慢性歯周炎患者
に対し非外科的治療後MTM治療を施しオーラルリハビリテーションを行った一症例
○日歯周誌 52 (3):255-264頁.2010年.

加治彰彦、毛利環 : 矯正治療と顎関節症のかかわりについての検証―EBMの見地から
  ザ・クインテッセンス28(9)1892-1902頁, 2009年.

加治彰彦、毛利環:ハーブスト装置の構造および装置の効果について
  臨床矯正ジャーナル24(4),32-37頁,2008年.

Class IIの治療時期と顎顔面整形治療効果を考えるーマルメにおけるHerbst装置治療
の長期フォローアップ研究 毛利 環,加治彰彦, Hansen K, the Quintessence 21(3)
621-629頁, 2002年.

院長の講演・セミナー

松風矯正セミナー(東京)「混合歯列期にGPが取り組むべき矯正治療
~スウェーデンでの早期口腔内管理について~」2019年2月21日

東京矯正歯科学会秋季セミナー(東京)
「最近の歯周・矯正治療」 2018 年 11 月 15 日

松風矯正セミナー(東京)「一般臨床医が取り組むべき矯正治療」
2018年2月25日 第35回 日本顎咬合学会学術大会(東京)
「臨床医が矯正を極める. 矯正治療必要度の高い患者を見抜くポイント」2017年6月11日

日本顎咬合学会咬合フォーラム(仙台)
「矯正治療はどの程度健口に貢献するのか?」2016年9月25日

第19回米国歯科大学院同窓会(JSAPD)公開セミナー
「矯正治療はどの程度天然歯のクオリティーを高めるのか?」2015年1月11日

第13回米国歯科大学院同窓会(JSAPD)公開セミナー
「咬合治療と顎関節の文献考察」2009年1月11日

加治彰彦EPSDC研修会スカンジナビアン矯正学コース(通年コース)東京

駅からの順路
地図
地図